世界的に金融緩和競争に突入?????

最終更新: 2019年7月29日

#心音#マネーセミナー#札幌#初心者





専門用語を使わない

マネーセミナー講師

FP上田千鶴です♪



金融融緩和競争?

むつかしい話はご法度でしたが



簡単に書く努力をしつつ^_^



金融緩和って何?

金融緩和をなぜするか?




景気が悪いからです



あるいは

悪くなりそうーーな 

雰囲気があるからです



金融緩和の手段の一つが

『金利を下げる』行為です


先回も書きましたが

アメリカの株価は高値を更新して

なんだか絶好調的な感じです



が  注意を!



夏の花火と同じで

『バブル』は最後が最高潮になりバーンバーンと華やかに打ち上げて


・・・・・・ 『シーン』 


お祭りは終わり 夏も終わる・・・的な




ですから

華やかだからと

ふらふらと株を買いに行ったりしちゃ

だめですよー

と書きました


素人の方は本当にこういう時期に

株を買ったりしちゃいます

注意です


そんな

見かけは華やかな状態ですが

アメリカは月末に金利を下げますね


理由は

政府は 景気が減速しそう?

不安に感じるているからです


素人さんが株を買っているタイミングでは無さげではないですか?


今 世界的に景気低迷が押し寄せてきています



その証拠に

25日はECB(欧州中央銀行)

29日は日銀の政策会議

30日はFRB(米連邦準備制度理事会)



世界の中央銀行で大事な会議が開かれます




そこでの話題はもっぱら金利です



つまり金融緩和策です



30日のアメリカFRBでは

アメリカの金利が10年7か月ぶりに下がることが来まります



おぼえてますか?


金利が下がる前に

私がみなさんにさんざんお伝えしていた

『保険』のこと




今月の基準利率3.69%です




こうした

高い金利のある米ドルの

30年国債で運用されている

保険商品をアメリカの金利が下がる前に

抑えておくとお宝保険になるかもですよー



って おはなし



多くの方に購入いただきました


でも、まだ、買えていない方も?????


そんな方へお知らせです


まだ チャンスがあるかもです


①仮に来月この商品の金利が下がったとしてもまだ…

日本に比べれば高い金利は維持されています

だからまだ遅くない


②月末のFRBの会合でアメリカは利下げします

でも日本は利下げできない

(すでに0%ですからね)

さらに、もし、日本が、何も金融緩和対策案を出さないとなると

【アメリカの金利が日本の金利に近づきます】


そうすると 

長い時間ではないと思いますが

可能性として円高が起こる可能性がでてきます


円高は外貨商品をゲットするチャンスですね


そうです

金利は下がってしまいますが

為替の円高を狙ってゲットできるチャンスが

8月はあるかもしれませんね


そうあってほしいです


というわけで 月末の日銀と米のFRBの発言と週明け以降のドル円の為替の動きは大注目ですね


わくわく^ ^


ちなみに

ユーロはよわよわだとおもいます


でわ、今日はこの辺で



京都清水寺へ行ってきました

旅日記は

また改めて^ ^



あれ?ここ外国?

てか?

私たちが外国人?



と思うほど

国際色満載の

京都でございました









0回の閲覧

ファイナンシャルアライアンス株式会社

〒060-0062 札幌市中央区南2条西7丁目5−6 第3サントービル7階

​ ☎︎ 011-206-9313  FAX 011-233-2870

​E.mail :info@fpueda.com

Copyright © 2018 札幌発 お金学アドバイザー 上田千鶴.