保険金出なかった説について、、、書いてみた




こんにちは

お金学アドバイザー

FPうえだちづるです



日々

みて聞いて感じた事


お金にまつわる話を

FPっぽく無い目線で

配信しています



公式ラインは

こちら







本日のお題


【生命保険都市伝説】



うえだちづるの

そもそも論は


この2点



「あなたのその保険!

ホントに、自分に合ってる?」


「保険、入らなきゃダメですか?」







ある保険屋さんから聞いた話



《保険料免除特約》が

発動しなかったヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3



いわゆる

P免と言う機能です



P免とは


三代疾病の

所定の状態と診断されたら

翌月より

毎月の保険料のお支払いが

免除される事




世間でよく聞く噂



「保険出なかった」と言うのは

おそらくは


この周辺の事だと

思われます



くせものなのが



三代疾病の概念



三代とは


・ガン

・心臓

・脳



ガンは

(悪性新生物)

だいたいが

診断されたら



P免に該当する

※上皮内ガンは、含まない保険会社もある



そして



心臓と脳の部分は

診断されただけでは



P免に該当しない



あくまでも

保険会社のルール次第なのだ



例えば



診断後に

手術を受けたらオッケー



若しくは

診断後に

入院を◯◯日したらオッケー




この◯◯日も




保険会社によっては

1日の入院でオッケーもあれば



20日入院

と言う保険会社もある




さて!

アナタは



自分の保険の内容

覚えてますか?




おそらくは

え?????



確か

三代疾病と言われたら



払わなくてイイ?

だったか



三代疾病になったら



100万出る

とか

言ってたはず


ってレベルの記憶では?



そうすると



結果的に


コトが起きた時には

「保険金出なかった」



思ってしまう訳ですね



それが

都市伝説になってると

うえだは、思うのです



さてさて

そしてです




心臓と脳の

くくりは



医療関係者じゃ無いと



心不全も

狭心症も

心筋梗塞も




全て