日本とアメリカの差がヤバイ

こんにちは

お金学アドバイザー

マネーセミナーFP上田千鶴です




昔々は、日本も金利が良かった…時代もあった




お国柄なのか

アメリカと日本の格差がハンパない



本日は

そんなお話です



個別相談に来られる

投資初心者さんが良く使うワードの1つに



『リスクが怖い』




日本人は

学校でお金の勉強をしていない

お金の事を話すのは、ちょっと…




と言う




その上

奥ゆかしい、謙虚?




そんなお国柄からか…




それが原因か、分からないが



こんなデータがある




1995年〜2015年

日米の運用リターンの差




日本:1.15倍

アメリカ:2.32倍




分かるだろうか!!




1,000万円が、ほぼほぼ1,000万円の日本に対し




増えとらーん 

1,000万円が、2,000万円越えのアメリカ




理由はこんな事だ



金融資産の保有率




日本人は、現金・現預金が52%




それに対して

アメリカ人は、現金での保有はわずか14%

つまり

アメリカ人は、積極的に

運用をしているのだ




わずかこの20年の起きてる事なのだ




日本人は何もせず、じっと銀行に置いて置いた結果

お金は

じーっとしていただけ




上田の思うこと




減ったら怖いから

口座に置いておく



これ

1番ダメなパターンです




ズバリ



運用をやらないことがリスク



超低金利時代の今




借りるなら(住宅ローンとか?)固定



増やすなら変動



そんな話に



つ、づ、く



本日は、これにて


ワタシが今読んでいる本




日本の子供がこんな本に

ドンドン触れる社会になるべきと思う



0回の閲覧

ファイナンシャルアライアンス株式会社

〒060-0062 札幌市中央区南2条西7丁目5−6 第3サントービル7階

​ ☎︎ 011-206-9313  FAX 011-233-2870

​E.mail :info@fpueda.com

Copyright © 2018 札幌発 お金学アドバイザー 上田千鶴.